BLOGブログ

梅雨時期に外壁塗装をする際の注意点

2017.06.29

 

こんにちは。ペイント王です。

梅雨の時期に、カラッとした晴れの空が見えるとなんだかホッとします。
私たちが塗装した屋根や、外壁がしっかり乾いて密着してくれますからね。
もちろんペイント王の職人達も、梅雨の時期だからといって仕事をしないで休みだ、なんて言っていられませんので、梅雨の時期でも晴れた日には仕事をしています。
梅雨なのに塗装の依頼なんてくるの?と思われるかもしれませんが、実際のところ夏は暑くて嫌なので、その前に工事を終わらせて欲しい、というお客様もいらっしゃいます。

ちなみに、梅雨の時期よりも、晴天が続く夏の時期のほうが塗料が早く乾くので、塗装工事には最適です。
そうはいってもお客様のご要望通りに工事を終わらせる必要がありますから、梅雨の時期は晴れ間を狙って工事を行います。
ですが、雨の日が続くと本来は1日2日で終わる施工が1週間くらい延びてしまうことがどうしてもあります。
その間は、お客様には申し訳ないと思いつつも、施工完了まで足場を組んだまま窓を閉め切っていただけるようお願いしています。
ちょっとムシムシする日などは大変かもしれませんが、工事が完了するまで塗装を濡らしてしまうわけにはいきませんので、依頼を受けた時点で、天候によっては工事の時間が長引きますとあらかじめご了承をいただいています。

梅雨の時期に施工すると、直ぐにめくれてしまうなど、劣化しやすいということはありません。
ただし、梅雨時期の塗装で注意していただきたい点は、塗装をする面が湿気を含んでいるままですと、きちんとした塗装が行えないというところです。
理由としては、水分が多いと塗料が定着しにくいためです。
湿気により塗料に何らかの影響があったかどうかが分かるのが半年後くらいなのですが、当社では梅雨の時期に行った塗装の物件は、その半年後を迎える前に一度点検という形で確認させていただいております。

梅雨の時期に外装塗装をするのにおすすめの日としては、前日が晴天で塗布面がしっかり乾いていて、次の日かその次の日くらいまで天気予報が晴れの日というのが、梅雨時期の屋根や外壁の塗装をするにはベストです。
梅雨の時期に塗装工事を行われた方は、半年くらいに一度問題がないか確認されることをおすすめします。

~職人に直接頼める外壁塗装専門店~
ペイント王
HP  http://paint-king.com/

 


TEL 0120-927-007

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!